NEW VOLTMSDの電源をパワーアップ

バッテリー電圧はドライビング中でも常に変化しています。
例えば、ラジエターファンが回っているとか、ヘッドライトを点灯しているとか、エアコンを使っているとかetc・・・。
より多くの電装品が作動していれば、バッテリー電圧は低下します。

どんなに強力なCDIやパワーコイルをつけていても、入力電圧が低下していれば、誤作動やミスファイアを起こしてしまいます。

NEW VOLTはバッテリーの電圧に関係なく、CDI(MSDデジタル6プラス)に安定した電源を供給し、始動性の向上と高負荷での失火を防ぎます。
CDIの入力電源ケーブルにテスターを取り付けて、電圧の変動を測定してみました。

電装品使用状態 ノーマル NEW VOLT
キーON 12.13V 18.79V
アイドリング状態 11.55〜11.75V 18.79V
エアコンON 11.36〜11.60V 18.79V
エアコン+ヘッドライトON 11.04〜11.60V 18.79V
エアコン+ヘッドライト+ラジエターファンON 10.89〜11.36V 18.78V
測定車 87QV(キャブ仕様)
エンジン始動前バッテリー電圧12.57V



※NEW VOLTはノーマルCDIには使用できません。
MSDデジタル6プラスの許容入力電圧は20V以下です。