カウンタック ブレーキマスターストッパー


ブレーキマスターストッパー、またの名を、ブレーキつっぱり君の完成です。

ブレーキブースター(クロメイトメッキの丸い太鼓)は、室内空間とフロントボンネット内の空間を仕切っているバルクヘッドに取り付けられています。
そして、ブレーキマスターは、ブレーキブースターの先端に配置されています。
ブレーキマスターのシリンダーを押すシャフトは、ブレーキブースター・バルクヘッドを貫通して、
ブレーキペダルにくっついているのですが、ブレーキペダルを押す力は、ブレーキマスターのシリンダーを押すだけでなく、バルクヘッドやブレーキブースターを変形させる力となって逃げてしまっているのです。
ブレーキマスターの先端と、フレームの間に指を突っ込んで、
誰かにブレーキをぐいぐい踏んでもらってみてください。
びっくりするほどブレーキマスターが動いているのが分かります。
この動きを止めてやることで、ブレーキのタッチ―いわゆる
ダイレクト感というのは恐ろしくよくなります。
たとえて言うなら、ブレーキホースをステンメッシュに交換したときの10倍くらいの感覚かな。
ブレーキつっぱり君は、アルミ削り出しボディーにゴールドアルマイト。
ブレーキマスターを固定する調整ピストンはステンレス製。
なんてことないパーツなのですが、これが結構目からウロコ。
ステンメッシュホースと合わせて装着すれば、よりBetter。

コーナー手前のブレーキングポイントも、これでギリギリまで突っ込めます。

つっぱり君のプロトタイプ。
QVふかふか号でテスト実証済みです。